香川真司のマンU優勝!セレッソ大阪、FCみやぎにも連帯貢献金4500万円

印刷
「まずは、うれしいニュースからお伝えします」

   番組冒頭の「小倉が斬る!」コーナーでメインキャスターの小倉智昭が一番に取り上げたのは「速報!香川マンU優勝」だった。きのう(2013年4月22日)、サッカーのイングランド・プレミアリーグで、日本の香川真司が所属するマンチェスター・ユナイテッド(マンU)がアストン・ヴィラと対戦し、3対0で勝って2シーズンぶり通算20回目の優勝を決めた。

移籍契約にオプション「優勝したら追加移籍金」

   小倉「その優勝のピッチに香川真司はもちろん立っておりまして、なかなか見どころのあるプレーを披露してくれました。香川のインタビューが入っておりますのでお聞きください」

100億円の一部

   香川は「けがをしたりとか、前半戦はなかなか自分のプレーに満足できなかった。そこを耐えたというか、経験できたことで得るものがたくさんありました。このチームにきて成長できた1年だった」と喜びを語った。

   試合ではロビン・ファン・ペルシがハットトリックの活躍を見せたが、香川はその2点目と3点目に絡み勝利に貢献した。香川がゴールを狙った場面もあったが、これは惜しくも外れた。しかし、「これで香川はまたワンステップ上がりましたよ」と小倉は言う。

   「そうですね」とアナウンサーの笠井信輔が続ける。「ここで、お金に関する話が出てきまして。ドイツのドルトムントから移籍の際、マンUからドルトムントに移籍金約15億円が払われていました。ところが、移籍金の契約はこれだけではありませんでした。もうひとつ、オプションの契約金がありまして、もし香川がマンUに移って優勝したら、追加移籍金としてドルトムントに約9億円払うことになっていました。マンUには優勝で100億円ぐらい入るので、9億円ぐらいどうってことないんです」

香川を育てたチームに「これからもよろしく」

   問題は次だ。日本にもボーナスが舞い込んでくるという話だ。

   笠井「これは日本にも影響しているんです。なぜかと言いますと、香川はドルトムントに行くまでは、日本のセレッソ大阪(17~21歳)、その前はFCみやぎバルセロナ(12~16歳)にいました。実はこのセレッソ大阪とFCみやぎバルセロナにも、マンUから合わせて約4500万円支払われることになっているんです」

   連帯貢献金というもので、育てたチームにもお金を渡し、これからもますますいい選手を輩出してもらおうという制度だそうだ。

   キャスターの菊川怜「第2の香川が出る軍資金になるかもしれませんね」

   これが呼び水となって、日本のサッカー界に連帯貢献の循環が生まれたら嬉しい話だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中