世界イチの超絶縄跳び!シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーやっぱり凄いぞ

印刷

   縄跳びは誰でも学校などで1度はやったことがあるだろうが、大抵は二重跳び、三重跳びなどがせいぜいだ。でも、この縄跳びも極めていくとエクストリームなスポーツ、あるいは芸術的なパフォーマンスになりえるのである。

   縄跳びは英語ではロープ・ジャンピングやロープ・スキッピングなどと言う。世界大会なども行われていて、そうした大会で2度の優勝経験持つ女性の「縄跳び」動画がYouTube(ユーチューブ)で注目を浴びている。

高速ステップにしか見えないパフォーマンス

   「Jump Rope Girl - World's Best Jump Roper!!! 」(世界一の縄跳び少女)というタイトルの動画に登場するのは、見た目からして、ガールというよりはアスリート風のアドリアン・バンヘギーさん。シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーでもあるという彼女がひとたび縄跳びをはじめると、ただ単に両手にバトンを持って、高速でステップを踏んでいるかのよう。もちろん、その間にはちゃんと縄があるのだ。およそ2分間ほどの動画の間、彼女は「縄跳び」から想像できる動作を超えたパフォーマンスを連発している。

   この動画は、彼女の知人である映像作家が撮影、投稿したものだそうだ。撮影場所はハンガリーのブタペストという。遺跡などの背景と超絶縄跳びとの組み合わせもじつに新鮮だ。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中