安倍首相読み間違えた「靖国参拝」自分が行かなければ大丈夫

印刷

   きのう23日(2013年4月)、国会議員168人が揃って春の例大祭の靖国神社を参拝をした。中国メディアは四川省地震のニュースを中断して、速報でこれを報じた。安倍首相の側近は「(中国・韓国に)配慮しても何もならならない。どうあってもあれこれいってくる」と平然としているが、関係がさらにこじれたことは間違いないだろう。それとも、こじれてもかまわないという考えなのだろうか。

政府ナンバー2麻生副総理に「中韓」敏感に反応

   政治アナリストの伊藤惇夫(政治アナリスト)は「安倍さんは首相と官房長官、外務大臣が参拝しなければ大丈夫と考えたのではないでしょうか。21日に麻生副総裁が参拝をしていますが、これも自民党のナンバー2だから強い反発はないと考えた。しかし、自民党のナンバー2ではなく、政府ナンバー2というのが中国や韓国の受け取り方でしたよね。出方を読み間違えたと思います」と分析する。

戦争美化の場所

   元駐中国防衛駐在官で現在は東京財団研究員の小原凡司氏は「2月に麻生さんが韓国を訪問した時、朴大統領から教科書問題など歴史的認識についてクギを刺されています。それなのにまたこういう行動に出た。韓国としては到底認めがたいでしょう」と説明する。

   コメンテーターのデーブ・スペクター(テレビプロデュサー)「海外から靖国問題を見ると、かつての戦争を美化している場所と見る人が多い。普段から参拝しているのならまだしも、お祭りの時にしか行かないというのは、そこに何らかの意図があると見えてしまう」

米国政府も黙認?中国の対日強硬姿勢

   メインキャスターの小倉智昭は「安倍さんは自分は行かないということで、中国や韓国にそれなりの配慮をしたのだと思う。きのう参拝した168人はそういう配慮を理解しているのだろうか」と少し不快な表情を見せた。

   笠井信輔キャスター「きのう、中国の海洋監視船8隻が尖閣諸島の日本領海内に入って来ました。集団参拝の問題と領海侵犯は何らかの関係があるのではと思ってしまいますね。

   これまで韓国で新政権がスタートすると、新大統領はアメリカ、日本、中国の順で訪問していました。しかし、朴大統領はアメリカ、中国、その次に日本で、日本のプライオリティーが下がっています」

   田崎史郎(時事通信解説委員)は「中国の習体制は発足直後は日本との関係改善を模索していました。しかし、今は対日強硬派へと変わっています。米中首脳会談でそれなりの感触を得たからだと思われます」と解説した。中国の日本非難、尖閣侵入はアメリカも了解済みということになる。安倍外交大丈夫か。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中