高速道路の老朽化対策10兆数千億円―税金でやるか、通行料値上げでやるか

印刷

   昨年12月(2012年)に起きた中央高速道路の笹子トンネル事故を受けて、東日本・中日本・西日本高速道路3社はきのう25日(2013年4月)、橋やトンネルなどの老朽化対策費用として、今後100年間にわたり3社合計で5兆4000億円から最大10兆6000億円を必要とするという試算を公表した。3社が管理運営する高速道路は約8700キロであり、そのうち開通して30年以上経過している道路は3200キロ、約4割になる。橋の1200キロ、トンネルの800キロの老朽化修繕にはとりわけ費用がかかる。

ムダな道路建設止めて修繕費に回せ

   インフラ老朽化に詳しい東洋大経済学部・根本祐二教授はこう解説する。「道路会社の年間の利益は160億円くらいしかありません。どうみても、この利益の中でやりくりできるレベルではないわけです。税金なのか、あるいは通行料の引き上げなのか、いずれかで対応せざるを得ないことになると思いますね」

やるしかないでしょ

   今秋にも有識者委員会で老朽化対策の優先順位や工事の実施時期など、提言をまとめる予定という。司会のみのもんたが「やらざるを得ないでょう。事故が起きたらエラい事になるよ。10兆円で済むならやるしかないと思うけどねえ」と話す。

   与良正男(毎日新聞論説委員)「やらなきゃならないのは絶対ですが、いつもの事ながら、どこからお金を持ってくるかという事でしょう。2050年には無料にしますよと言っていたが、有料の期間を延ばすしかないでしょう。きのうの会見では、各社とも国と相談すると言っています。つまり、財源をどうするかという話はまだ至ってない。早く進めるなら税金を使うか、という話になるのだと思いますね。

   道路公団が民営化されると、むだな道路はつくらないし経営も効率化されると言われていましたよね。けれども、道路を抑制するっていう話はないですし、民営化ってなんだったんだろうって思いますよ」

ドイツはもっと老朽化してるのに直しながら使って通行料も無料

   吉越浩一郎(企業アナリスト・元トリンプ社長)は首をかしげる。

   「航空会社が飛行機の修理代を計算してなかったというのと同じようなもの。そんなの考えられない。また、そんなにお金がないのに、どうしてこの前、無料化なんてしたんでしょうね。

   ドイツなんて、もっと古くから高速道路を作っていてとっくに老朽化しているけれども、無料ですよ。勉強したいですよね。それに、笹子トンネルとか落っこちちゃう。本来なら、壊れたときに安全に止まるような仕組みにしておかないと」と呆れたように言う。

   吉川美代子(TBS解説委員)「ニューヨークのマンハッタン島もたくさん橋があって、修理していて通れない橋は結構ありますよ」

   みの「『ここから先は冥土』とか表示してくれないと。これじゃ怖くて走れないよ。これは命に関わる問題だからやらざるを得ないでしょう」

   今後100年間に10兆数千億円なら、1年あたり1000億円ということになる。ムダな高速道路の建設計画を止めれば作れない金とは思えないが…。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中