元WBC世界王者・徳山昌守「元プロボクサーとしてあるまじき行為」

印刷

   男性2人を殴り、傷害容疑で逮捕された元WBCスーパーフライ級世界王者の徳山昌守(38)は、「この度は、僕の愚かな行動により、被害者の皆様とその関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけした事を心からお詫び申し上げます」と4月26日(2013年)のブログで謝罪している。

   「僕は元プロボクサーとして、社会人として、あるまじき行為を行ってしまいました。そしてこの件を通じ、一人の人間として極めて未熟であることを痛感いたしました」という。

   徳山は4月23日、兵庫県三田市の路上で乗用車を運転していたとき、ガソリンスタンドから出てきた車が車線変更して前方に入ってきたことに腹を立て、運転手の男性とガソリンスタンドの男性店長の顔や腹を数回殴るなどして軽傷を負わせた。傷害容疑で逮捕され、24日に釈放、謝罪会見を開いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中