2018年 7月 20日 (金)

元WBC世界王者・徳山昌守「元プロボクサーとしてあるまじき行為」

印刷

   男性2人を殴り、傷害容疑で逮捕された元WBCスーパーフライ級世界王者の徳山昌守(38)は、「この度は、僕の愚かな行動により、被害者の皆様とその関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけした事を心からお詫び申し上げます」と4月26日(2013年)のブログで謝罪している。

   「僕は元プロボクサーとして、社会人として、あるまじき行為を行ってしまいました。そしてこの件を通じ、一人の人間として極めて未熟であることを痛感いたしました」という。

   徳山は4月23日、兵庫県三田市の路上で乗用車を運転していたとき、ガソリンスタンドから出てきた車が車線変更して前方に入ってきたことに腹を立て、運転手の男性とガソリンスタンドの男性店長の顔や腹を数回殴るなどして軽傷を負わせた。傷害容疑で逮捕され、24日に釈放、謝罪会見を開いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中