2018年 7月 21日 (土)

仁藤萌乃「AKB48のメンバーとしてやっていても先は見えてこないと思った」

印刷

   4月28日(2013年)の公演でAKB48を脱退した仁藤萌乃(20)は「自分自身、この五年間で凄く成長出来たと思います」と4月30日のブログで喜んだ。

   2007年にオーディション合格、「若手と呼ばれる立場で、推されていた時期もありました。当時の私は芸能界がどんな所かもしらず、推されるということがどういう事かも知らず、ただがむしゃらに真面目にやる事しか頭に無かったから、沢山のチャンスを無駄にしてきたことと思います」と振り返った。「だけど、後悔はしていません」という。

   「ただ、正直あのままAKB48のメンバーとしてずっとやっていても先は見えてこないと思いました。これからは自分自身としっかり向き合って頑張っていきます」と語る。具体的な進路については明言していないが、2月の脱退発表のブログでも「やはりここがゴールではありません」と書いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中