ハマカーンのニセモノが出現「なりすまし3人組がチケット売ってた」

印刷

   お笑いコンビ「ハマカーン」のニセモノが現れたと、メンバーの神田伸一郎(36)が5月1日(2013年)にツイッターで明かした。フォロワーの指摘によると「ハマカーン」を名乗る3人組がライブのチケットを売っていたという。ハマカーンは神田と浜谷健司(35)の2人組なので人数すら合っていない。

   ハマカーンは去年の漫才コンテスト「THE MANZAI」(フジテレビ系)で優勝しているが、神田は知名度が原因と考える。神田は「ニセモノ出現は有名になった証拠かな、と一瞬思いましたが、断じて違います。僕らの顔がまだまだ皆さんに知られていないだけなのです」と言い、「春日のニセモノなら、その場で一発で分かるでしょ」。オードリーの春日俊彰(34)は同じ事務所だ。

   神田は「僕もずいぶん長いこと路上で手売りをしていたけど、他の芸人の名を騙ってチケット売るなんて考え、全くなかったけどなぁ。時代かなぁ」とぼやいている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中