天海祐希「心筋梗塞」45歳スリム女性がなぜ?三谷幸喜の舞台に緊張

印刷

   女優の天海祐希が心筋梗塞のため東京芸術劇場で上演中の舞台「おのれナポレオン」を降板することになった。上司にしたい女性有名人のナンバー1に選ばれるなど颯爽としたイメージの天海が、45歳という若さでなぜ心筋梗塞を発症したのか。代役は宮沢りえが務めるという。

若い女性にも増える傾向

   天海が体調不良を訴えたのは、連休最後の6日(2013年5月)の公演終了後だった。都内の病院で診察を受け、軽度の心筋梗塞で1週間から10日の安静治療が必要と診断され入院した。

せりふ覚え早い人

   心筋梗塞になった芸能人は過去にも徳光和夫、西田敏行、松村邦洋らがいる。いずれもふっくらしたタイプで、喫煙や暴飲暴食などの生活習慣があったという。天海は身長171センチでスリムな体型。心筋梗塞とは無縁のようにみえるが、健康院クリニックの折茂肇名誉院長は原因について、「ストレスや過労だと思う。緊張状態が続くとよくない。血管を収縮するような物質が出て、血管が詰まってしまうのです」という。男女別でみると、40、50代では男性が多いが、今後は「女性が社会進出してストレスにさらされ、若い女性に増えるかもしれません」といっている。

代役・宮沢りえの凄さ!たった1日で2時間半のせりふマスター

   「おのれナポレオン」は三谷幸喜演出、野田秀樹出演の注目の舞台で、紅一点の天海は出演を喜んでいた。公演直前の抱負では「制作発表のときに改めて注目度の高さを実感して、これはすごいことなんだと思いました」と語っている。

   舞台を見たというコメンテーターの中江有里(女優、脚本家)は、「まったくそんな風には見えなかったですよ。情熱的に演じていました。より良くしよう、より良くしようとするうち無理がつのったのかなと思いました」と話す。

   驚くのは宮沢りえが代役を務めることになり、きょう9日夜の公演から出演するということだ。舞台は2時間半で長いせりふもある。キャスターの笠井信輔は今夜見に行く予定だという。「わずか1日で宮沢りえさんが代役をつとめるんですって。しっかりと見てこようと思っています」

   芸能デスクの前田忠明は「りえさんはせりふ覚えの非常に早い人だとうかがっていますが、それにしても1日ですからねえ」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中