語るに落ちた橋下市長「慰安婦必要論」女性の人権に無頓着

印刷

   安倍首相の歴史的認識に対しアメリカやアジア諸国から懸念の声が上がっている中で、今度は日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長から従軍慰安婦を正当化する発言が飛び出した。

   きのう13日(2013年)午前の定例会見で、橋下は「第2次世界大戦当時、日本の兵士は弾が飛び交う中を走り回り、極度の緊張状態に置かれていた。そうした兵士の緊張を解くために慰安婦は必要だった」と話したのだ。

米軍司令官も呆れた「沖縄の風俗業もっと活用して」

   井上貴博リポーターはこう解説する。「橋下発言には伏線がありました。先日、安倍総理が過去の日本の侵略行為について、侵略かどうかは明確な定義がないと答弁しましたが、これを橋下市長は『日本はあの戦争で敗戦した。そして、関係諸国から日本は侵略国家であったと批判された。このことはきちんと受け止めなければならない』と安倍発言を批判したんです。その次に、『ただ…』という形でこの発言が出てきました」

おぞましい

   司会のみのもんた「このような発言は、これだけではなかったでしょう」

   井上「夕方の会見では、沖縄の普天間基地視察の際に、米軍司令官に風俗産業をもっと活用するようにと進言したことも明らかにしています」

   これには司令官も呆れていたという。

安倍首相の歴史認識に続いて海外から批判

   コメンテーターの三屋裕子(スポーツプロデュサー)は「こうした発言が飛び出してくるのは実におぞましい。女性の人権を無視していることは明らかで、嫌悪感を覚えますね」と憤懣やるかたなしといった感じだ。

   韓国ではさっそく「破廉恥な歴史認識だ」と批判が高まっているという。

   杉尾秀哉(TBS解説委員室長)「慰安婦問題は悲しい過去の歴史です。きちんと正面から向き合わなければならないのに」

   潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)「日本は過去に犯した行為について反省する必要はありますよね。そうした中で今回のような発言が飛び出してくるのは、とても怖い」

   安倍発言にしろ、橋下発言にしろ、のどまで出かかっているのは「あの戦争は間違っていなかった。間違いは負けたことだ」ということだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中