「隣人刺す」殺人予告知らせなかった警察―身内に引き渡した直後に犯行

印刷

   埼玉・さいたま市の主婦(60)が隣人の男(61)に刺される事件があった。男は事件前、警察に「人を刺すかもしれない」と相談していたが、警察は「危険性はない」と義兄を呼んで帰してしまった。刺されたのはその直後。事件にならないと動けないのか、警察は。

被害者の夫「知らせてくれていれば気をつけたのに…」

   事件があったのは今月6日(2013年5月)。正午頃、大宮西署を男が訪れ「低周波で攻撃を受けている。(名前をあげて)隣人を刺すかもしれないから、留置して」と頼んだ。しかし、男が落ち着いていたため、警察は男の義兄を呼んで「病院へ行った方がいい」と身柄を預けた。

なぜ連絡しなかった?

   男が刃物とガソリンを持って「殺してやる」と隣家の主婦を襲ったのは、その5時間後だった。庭へ出て逃げる主婦の背中を刺した。けがは3週間だったが、状況次第では殺されていたかもしれない。

   男は4月にも「低周波を取り締まってくれ」と警察を訪ねていたが、警察はこれら一切を被害者には伝えていなかった。被害者の夫は「警察は謝罪していたが、納得できない」という。というのも、以前から男は「音がする。低周波をとめてくれ」と言ってきていたのだ。「知らせてくれていれば、家内を遠ざけていた」と話すが、当然である。

   これに対して埼玉県警は「可能な措置をしたら、結果的に事件が発生してしまった。被害者とご家族にはお見舞いを申し上げます。再発防止に務める」とわけのわからない声明を出している。事件にならないと警察は動かない。死ななかったことを誰に感謝すればいいのか。

被害者宅に警官を派遣していれば…

   元警視庁の元警視・江藤史朗氏は警察のミスだという。「警察にSOSを出している。特定の人を名指しして殺害をほのめかしている。いったん保護しておくことはできなかったのか」という。

   司会の羽鳥慎一「むずかしい判断かもしれない」

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「殺人予告に近いでしょ。ネットなら大騒ぎになる。目の前に現れると動かない」

   赤江珠緒キャスター「警察から知らせることはできないのでしょうか」

   所太郎レポーター「教えられないそうです」

   羽鳥「なぜできないのかな」

   所「予測不能の事態が起る可能性があるときは、教えられないんだといっています」

   過剰反応したりということらしいのだが、もしそれで殺されでもしたら被害者は浮かばれないね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中