2018年 7月 21日 (土)

小室哲哉「無事C型肝炎の治療終了。半年、副作用つらかったな」

印刷

   音楽プロデューサーの小室哲哉(54)は「無事、半年の治療終了 あとは先生の監視下で皆さんに僕の音楽を自由に楽しんでいただくと。ご心配かけました」とC型肝炎の治療が終わったと5月14日(2013年)のツイッターで報告した。

   2月に治療中だと伝え、「半年副作用、つらかったな。でも他の人の病気の辛さのかけらくらいはわかったよ」と治療の苦しさを書くなどしていた。

   クモ膜下出血の後遺症で通院、リハビリをしている妻・KEIKOや、すい臓の腫瘍摘出手術をした「TM NETWORK」の宇都宮隆について、「まわりに、まだまだサポートしないといけない大事な人がいるから頑張りますね」と気づかっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中