小室哲哉「無事C型肝炎の治療終了。半年、副作用つらかったな」

印刷

   音楽プロデューサーの小室哲哉(54)は「無事、半年の治療終了 あとは先生の監視下で皆さんに僕の音楽を自由に楽しんでいただくと。ご心配かけました」とC型肝炎の治療が終わったと5月14日(2013年)のツイッターで報告した。

   2月に治療中だと伝え、「半年副作用、つらかったな。でも他の人の病気の辛さのかけらくらいはわかったよ」と治療の苦しさを書くなどしていた。

   クモ膜下出血の後遺症で通院、リハビリをしている妻・KEIKOや、すい臓の腫瘍摘出手術をした「TM NETWORK」の宇都宮隆について、「まわりに、まだまだサポートしないといけない大事な人がいるから頑張りますね」と気づかっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中