「笑うヨガ」からだ動かし笑うだけ!酸素取り込み心身スッキリ、血行良好

印刷

   笑うだけで健康になるのだそうだ。ほんまかいな。吉田明生アナがけさの新聞から一押しの記事を選ぶ「朝刊Y-1(ヨシわん)」コーナーで東京新聞の「笑いヨガ」を取り上げた。

   吉田「みのさん、笑いながらヨガをする『笑いヨガ』が人気なんです」

   司会のみのもんた「あら~、ボクの頃は、何十年も前ですけど、テレビに出てきて『ワッハッハッハ』という人がいました。押せば命の泉湧く~って」

   それはヨガじゃなくて、指圧の浪越徳治郎先生ですけど…。

認知症予防にもなります―みのもんた「じゃあ、やらなくちゃ」

   吉田は「ヨガというと難しいポーズのイメージがあるんですが、笑いながら簡単に動くんですね。こちらご覧ください」と、動画サイト「ユーチューブ」のインドの人たちの笑いヨガを紹介した。

 わっはっはっは~

   吉田「軽く動きながら、声を出して笑うことで、自然にヨガと同じ深い呼吸になり、体に多くの酸素が入るんです。心身ともにスッキリしたり、血行が良くなったり、ストレス軽減の効果もあるとのことです」

   この後、吉田の呼びかけで出演者全員で笑いヨガを実践することになった。

   吉田「わっはっはっは。わっはっはっはと、みなさん、やってください」

   みの「やっていいの? わっはっはっは~。お代官様。こんなカンジだね」

   大ノリのみのだが、3人のコメンテーターは苦笑いするばかり。

   みの「すいません。ゲストが冷やかな目で見てますよ。いま逢坂(ユリ)さんが帰ろうとしてますけど…」

   吉田は「じゃ、こんなのはどうですか。梅干を食べて酸っぱい顔をして笑う。ウフフフヒュ…。どうですか、やってみますか」

   ここもみのだけが「ウムムムムム」

   吉田は必死に「スタジオのみなさんもやってみてください」と頼むが、またまたみんな苦笑いするだけで、コメントもない。ようやく片山善博(慶応大教授)が「見るだけでもらい笑いしますね」と言ったが、自分ではやろうとしない。

   だんだん白けてきて、焦った吉田が「認知症の予防にもなるんです」というと、みのはこれにも飛びついた。「認知症の予防になるの?じゃ、ワハハハハハ、ワハハハハ」とやって、なんとかコーナーを締めくくった。こういうときのみのは、さすがに場持ちがいい。

(ヤスベエ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中