引退ベッカム中国へ!? 「サッカー大使オファー説」米国ニュースが報道

印刷

   元イングランド代表のデビット・ベッカム選手(38)が今季限りの引退を表明した。サッカー好きの司会・加藤浩次は「残念です。まだまだできるんですけどねえ」とタメ息をついた。ベッカムが所属するフランス1部「パリ・サンジェルマン」が12日(2013年5月)にリーグ優勝を決めた直後に明らかにした。

「まだプレーできると思う。でも、トップのままで引退したい」

   ベッカムはこう話す。

しょうがないのかなあ
「何年もの間、いろんな選手の引退を見てきて、理由を聞くと『そのときが来れば君も分かる』といわれた。そしていま、自分のときが来たと感じている」

   プロの契約をした17歳のときから21年間、常に世界のトップとして活躍してきたベッカムだったが、決断した背景にも世界のトップとしてのプライドがあったようだ。

   引退理由を聞かれ、「当然、難しい決断だった。この半年間のようにまだプレーできると思うから。でも、ずっと前から密かにトップのままで引退したいと決めていたんだ」と話している。

   加藤「今シーズン、ベッカムが出ている試合を何試合も見てきました。まだまだできるんですよね。ボールを蹴る技術、キックの技術は突出している。まあ、あと1年ぐらいはできるかなと。ただ38歳、引退の時期としては遅いくらいですから、しょうがないかなと思いますけど」

   今季はあと2試合が残っている。18日のホーム戦のあと、21日のアウェー戦が最後になる。引退後については米フォックスニュースによると、中国でサッカー大使を務めるという話があるという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中