2018年 7月 19日 (木)

京急「歌う電車」消える…車両の改良で「ドレミファインバーター」お払い箱

印刷

   電車の発着時にホームで音楽が鳴る「駅メロ」は知っていたが、電車の側で音が鳴る「歌う電車」があるとは寡聞にして知らなかった。東京と横浜・三浦半島を結んでいる「赤い車両」でお馴染みの京浜急行電鉄のもう一つのシンボルなのだという。

   通称「ドレミファインバーター」で、スタートしたのは1998年。モーターに流れる電流を制御するインバーターは発車時に騒音が出るが、開発者が遊び心でこれにメロディーも流れるようにしたのだった。2005年には京急のCMにも使われていたという。そんな京急電鉄のシンボルが存亡の危機を迎えている。技術の進歩でインバーターの騒音を消せるようになったため、「ドレミファインバーター」もお払い箱になるのだという。

利用客からは「あの電車のシンボルなのに…」

残して

   歌う電車は最も多いときには19本あったが、現在は10本に減っている。これが今年度中には8本になり、数年後にはなくなる。シンボルになっているものをわざわざなくす必要もないと思うが、安全面やコスト面から止むを得ない措置なのだと説明している。

   スタジオでは廃止を惜しむ声が相次いだ。かつて神奈川・逗子に住んでいて、京急の「歌う電車」を楽しみに聞いていたという司会のみのもんたは、「残しゃいいのにねぇ、何もわざと付けりゃいいのにね」と残念がる。

   横須賀の出身で京急はいつも利用していたというコメンテーターの池田健三郎(経済評論家)も「歌う電車は横須賀市民に取っては当たり前ですね」

   駅メロの作曲家の塩塚博さんは「京急の駅はドレミファインバーターが鳴るというのが頭の中に刷り込まれてるので、それがなくなっちゃうのは、漫才の相方をなくすようで、凄く淋しい」

   利用客の存続の声が強まれば、形を変えて残すと思うよ。

(ヤスベエ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中