飯島参与「訪朝」なに決まったのか?朝鮮総連本部入札と拉致再調査バーター

印刷

   18日(2013年5月)、北朝鮮訪問から戻った飯島勲内閣官房参与は都内のホテルで菅官房長官に報告をしたが、その直後に中国中央テレビが北朝鮮がミサイル3発を発射したと伝えた。きのう19日にも発射した。いずれも短距離だったが、飯島訪問を大々的に報じたあとだけに、真意をめぐって憶測が飛び交った。

実質的な在日北朝鮮大使館の維持

   北朝鮮は飯島のピョンヤン空港到着時から映像を世界に発信し、日本がすり寄ってきたという印象を与えようと懸命だった。 17日には金永南最高人民会議常任委員長と会談し、その映像は音声つきで流され、飯島がイルカショーを見る写真まで配信された。

会談の成果は?

   日本の単独行動に韓国、米国からは批判が出たが、安倍首相は雑誌のインタビューに「拉致問題は他の国が協力するといっても温度差がある」と述べていて、拉致問題だけは別という意思表示とも見える。きのうも九州で「拉致問題の解決とはどういう状態か」と聞かれて、「被害者全員の帰国」「真相究明」「拉致実行犯引き渡し」と語っている。飯島は「拉致問題の解決がないかぎり、日本政府は動かない」と伝えたという。

   競売にかけられ、いったんは落札された朝鮮総連本部建物の買い取り話がご破算になっていたため、飯島の訪朝もなんらかの働きかけによるものと見る向きが多い。朝鮮総連は実質的に日本における大使館の役割をはたしており、建物から立ち退くとなると、機能が打撃を受ける。なんとか避けたいというのがある。しかし、どういう話がおこなわれたのかはわからないままだ。

   そこへ2日続けてのミサイル発射だ。これらは射程160キロ程度で日本には到達しないが、わざわざ飯島の帰国に合わせて発射というのもわからない。どこへ向けてのメッセージなのか。

短距離ミサイル連発は米国向けパフォーマンス

   石原良純(タレント)「何かが進むんじゃないかという期待感はありますよね」

   「コリア・レポート」辺真一編集長は「北朝鮮が核もミサイルも断念しないことははっきりしています。去年、テポドン発射の2週間前にも短距離ミサイルを発射しています。2006年のときもそうだった。だから、これは明らかにアメリカに向けられたけん制です。これがノドンやスカッドだったら、飯島訪朝は吹っ飛ぶ」

   司会の羽鳥慎一「飯島氏との会談がうまくいかなかったということではないのですか」

   辺編集長「むしろ北には満足のいくものだった。金永南氏が出てきたから、飯島さんを手ぶらで帰すようなことはしないだろう。それなりのお土産を渡したんじゃないでしょうか。ただ、何かの条件を付けた」とある写真を出した。金永南との会見に同席したなかに、チェ・ソンジュンという朝鮮総連担当者がいた。本部建物の競売を阻止したいという意向がでているという。ほかに、朝鮮高校の無償化の問題もある。それと人道支援、医療支援。見返りは「安否不明者の再調査」だという。

   辺編集長「飯島さんとの話し合いで、やれることやれないことがあるが、やれることをやろうということだと思います。最終的には日朝の首脳の決断がある」

   青木理(ジャーナリスト)「日本側は極秘に、北朝鮮は国賓みたいな扱いをした。温度差があるんでしょうね」

   辺編集長「金永南が出てきたということは、安倍さんの特使という扱い。メッセージも持っていっただろう。期待も高い。結果は約束事項の実行次第です」

   しかし、相手が相手。要求にだけは長けているからねぇ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中