2018年 7月 21日 (土)

お巡りさんのケータイ公開―パトロール中で交番不在でも「もしもし」奈良県警

印刷

   お巡りさんが携帯で「いま警ら中です。間もなく戻ります」といってる。交番を訪ねたけど人がいない。よくあることだが、奈良県警は20日(2013年5月)から交番・派出所の公用携帯電話の番号を公開した。全国でも初めてのいわば交番ホットライン。滑り出しはまずまずのようだ。

4月からすでに迷子や不審者情報など34件

   奈良県内の交番・派出所は177か所。画像情報なども送れる情報端末が配備されているが、携帯機能もあり無線が使えない所でもOK。 この番号を交番の掲示板に掲げたのだ。パトロールに出ていてもこれでつながる。

いいことです

   昨年(2012年)、奈良県警が行ったアンケート調査で、交番・派出所の「地域との密着度」を聞いたところ、密着していると「思う」「まあまあ思う」あわせて36%しかなかった。そこで考え出したアイデアだ。奈良市民からも「いいことだ」「年寄りには助かる」、なかには「ないよりいいかも」なんて気のないものもあったが、おおむね好評のようだ。4月からの試験運用でも、迷子や不審者情報など34件の利用があったという。

つまらない話持ち込まれたりイタズラ心配

   交番を訪ねたけどだれもいない。「いまいません」なんて札があって、「見りゃわかるよ」 と憎まれ口を叩いた人も多いはず。そんな場合、結局は所轄警察に連絡するか110番しかない。面倒だとそれっきりもある。市民と警察との距離感はなかなかに微妙だ。

   司会の羽鳥慎一「番号公開はいいが、これいろんな可能性がありますよね。つまらん話まで持ち込まれたりとか」

   宮田佳代子(ニュースキャスター)「救急車の(安易な使い方の)話もありますよね」

   しかし、つながることがだいいちという発想は、お堅い警察としては上出来だ。案外、これが人命救助や犯罪捜査に生きるかもしれない。次には、もう少し一般人を信用するようになればもっといい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中