矢口真里「すいません」6連発!浮気現場を夫が目撃…誰に謝ってるの?

印刷

   からっとした五月晴れのさわやかな朝を迎えたところへ、いきなり不快な不倫騒動の話題をトップニュースで取り上げた。話題の主は矢口真里(30)というタレント。22日夜(2013年5月)、集まった報道陣を前に頭をペコペコ下げながら、「すいません。お騒がせしてすいません。本当に申し訳ございません」と、すいませんを6連発して、報道陣の質問をさえぎり引っ込んでしまった。

25歳モデルと寝室にいたら中村昌也が帰宅

   5月22日は矢口が2年前に俳優で夫の中村昌也(27)と婚姻届を提出した日だった。その矢口の不倫騒動とはどんなことなのか。女性週刊誌によるとこうだ。

   夫がドラマの撮影で留守中の今年2月、矢口は業界関係者との会食後に25歳の男性モデルを連れて帰宅。翌朝、2人が寝室にいるところを予定より早く帰宅した夫が目撃してしまった。これが事実なら言い訳の仕様もない。さっさと離婚届に判を押すしかないし、報道陣の前に姿を現すのはそのあとでいい。締りのないことはなはだしい。

   もう一つの問題は報道陣の対応だ。「スッキリ!!」の芸能リポーターである井上公造は「すいませんと謝ったが、誰に向かって謝ったのか。世間に謝る話ではないし、まして報道陣に謝る話でもない。否定できない状況にあるというのは、相当苦しい状況なんだなというのとがうかがい知れる」といいながら、「(矢口は)明るいし、存在感のすごくある子ですよね」と持ち上げた。ケジメのない芸能界を容認し、受け入れる芸能リポーターたちの締りのなさにも呆れる。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中