スカッシュ松井千夏選手「今度こそ五輪新種目になるよう願ってます」

印刷

   2020年夏季五輪での追加実施種目の最終候補に「スカッシュ」が残り、松井千夏選手(35)が5月30日(2013年)のブログで喜んでいる。予想では「2位候補」だったというが、実際は「レスリング」「野球・ソフトボール」に次ぐ3位で、「この2つは強敵ですね。知名度も高いし、オリンピックの種目にもなっていたので怖い存在です」と語っている。

   2012年のロンドン大会、16年のリオ大会でも最終候補に入り、「スカッシュも3度目の正直! ずっと五輪新種目になることを願って世界で活動してきています。今までの積み重ねが実るように!!!」と願っている。

   殺到する取材に「私が取材を受けて良いものなのか…と思いますが、これも今の若手選手に出来るサポートの1つ」「若手選手やスカッシュファンの方達と共に強く願っていきたい」と話し、「7年後は私は何歳!?」と20年五輪の代表入りに期待をにじませた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中