錦織圭「全仏4回戦進出」日本人75年ぶり!きょう対戦は苦手のラファエル・ナダル

印刷

   錦織圭(23)が1日(2013年6月)、全仏オープンでフランスのブノワ・ペア(24)を破って16強に入った。全仏で日本選手の4回戦進出は、1938年の中野文照以来の75年ぶりだという。司会の小倉智昭が「中野さんなんて知りませんよ」という。むろん生まれる前の選手。はるかな道を錦織は来たことになる。

地元びいきの大ブーイングにも冷静さ失わず

   珍しい大ブーイングだった。第1セットをとった後の第2セットで、ミスを連発したベアが、禁じられているコーチから助言を得たというのでペナルティを課せられた。地元だから観客が収まらない。錦織とは身長差が19センチもある大男のブノワも審判に詰め寄ったり、ミスに怒ってラケットを叩き折ったり大荒れ。

誕生日はマズイ

   そんな中でも錦織は冷静さを保ち、第2セットは落としたものの、第3、第4セットをとって2時間41分の死闘を制した。試合後に錦織は「簡単な相手じゃなかったですよ。試合のリズムを与えてくれずやりにくかった。フォアが決まったので勝てた」と話した。

   田中大貴キャスターは「錦織選手は何年ぶりがついて回るんです。2回戦勝って39年ぶり、3回戦勝って75年ぶり。きょうの4回戦に勝つと、かつて世界ランク3 位になった佐藤次郎選手(1931・33年)に並ぶ80年ぶりとなります」と伝える。きょう対戦する相手はスペインのラファエル・ナダル(27)で、きょうが誕生日だという。

過去4回の対戦で取れたのは1セットだけ

   司会の小倉智昭「まずいね。その誕生日ってのは」

   全仏オープンで7度優勝していて、現在は3連覇中。全仏の特徴であるクレーコートに強く、全仏では56戦55勝。「赤土の絶対王者」といわれているそうだ。

   田中が「しかし、これで勝てばすごい話題になるのですが」と、過去の錦織との対戦成績を見せた。4回対戦して4敗。2008年に1セットをとっただけだ。

   小倉「でも、この前、フェデラーに勝ってるからな」

   菊川怜キャスター「勝ってほしいです。誕生日なんか関係ない」

   小倉「どんな選手だってピークというのはある」

   夏野剛(慶応大学大学院特別招聘教授)「上り調子ですからね」

   中瀬ゆかり(「新潮45」元編集長)「錦織は大物食いでスターだから、何かいけるような。誕生日というのは、プラスに考えればひとつ年をとる」(笑い)

   小倉「この前もフェデラーに勝って、その後が問題。格下の選手にあっさり負けちゃった」

   田中「よっぽど集中して使い果たしのか。ただ、確実に世界のトップに近づいていますから、午後6時からに注目」

   若い日本人が元気なのはうれしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中