本田圭佑は偉い、勝ったような気分「W杯優勝」夢じゃない!スタジオ大はしゃぎ

印刷

   ホームで勝ってワールドカップ出場を決めろニッポン!といったかけ声のなかで行われたサッカー日本代表対オーストラリア戦。結局のところは、終了間際にもらったPKで引き分けに追いつくという冴えない筋書きのドラマとなった。

吐いてる

   もっともスタジオは「最後に決まったんで、勝ったような気分」(赤江珠緒キャスター)など笑顔笑顔の祝賀ムードである。そして、とにかく本田ホンダHONDAである。プレッシャーのかかるPKを決めたのが偉い、ど真ん中に蹴ったのが度胸がある云々。

   「ボクだったら吐いてますね」(プレッシャーに弱いと自認する羽鳥慎一キャスター)、「このプレーにはほれますね」(作家の立花胡桃)

   いまや世界で活躍中の日本選手はどんどん増えてるし、このままワールドカップ優勝も夢じゃない、みんなで信じれば夢は叶う、信じ抜くこと―それが一番大事~といったオールジャパン上げ潮ムードに包まれた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中