2018年 7月 22日 (日)

本田圭佑は偉い、勝ったような気分「W杯優勝」夢じゃない!スタジオ大はしゃぎ

印刷

   ホームで勝ってワールドカップ出場を決めろニッポン!といったかけ声のなかで行われたサッカー日本代表対オーストラリア戦。結局のところは、終了間際にもらったPKで引き分けに追いつくという冴えない筋書きのドラマとなった。

吐いてる

   もっともスタジオは「最後に決まったんで、勝ったような気分」(赤江珠緒キャスター)など笑顔笑顔の祝賀ムードである。そして、とにかく本田ホンダHONDAである。プレッシャーのかかるPKを決めたのが偉い、ど真ん中に蹴ったのが度胸がある云々。

   「ボクだったら吐いてますね」(プレッシャーに弱いと自認する羽鳥慎一キャスター)、「このプレーにはほれますね」(作家の立花胡桃)

   いまや世界で活躍中の日本選手はどんどん増えてるし、このままワールドカップ優勝も夢じゃない、みんなで信じれば夢は叶う、信じ抜くこと―それが一番大事~といったオールジャパン上げ潮ムードに包まれた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中