サッカーW杯出場決定!視聴率BSも健闘5・9%。地上波は今年最高38・6%

印刷

   4日(2013年6月)よるにテレビ朝日系から中継放送されたサッカーW杯アジア最終予選B組の「日本対オーストラリア」戦は、視聴率でも熱かった。平均視聴率は関東地区で38・6%(ビデオリサーチ調べ)を叩き出し、これまでの今年最高だった3月10日の「ワールド・ベースボール・クラシック」(TBS系)の34・4%を上回った。

   瞬間最高視聴率は本田圭佑が同点のPKを決め、同点としてW杯出場が決まった試合終了時の午後9時23分。46・3%にハネ上がった。NHK・BS1でも放送され、こちらは前半5・7%、後半5・9%でBSとしては高い数字だったが、地上波とはずいぶんと差がある。CMなし、身びいきのうるさい解説者なしの放送にもっと人気があってもよさそうな気がするが…。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中