DJポリス警視総監賞!同僚ポリスの意外な評価「普段はあまり面白くない奴」

印刷

   だれが名付けたか「DJポリス」だと。ザック・ジャパンがW杯出場を決めた4日夜(2013年6月)の渋谷駅前のスクランブル交差点で、「12番目の選手であるサポーターのみなさん」なんて呼びかけて、巧みに混乱を避けた警視庁のお巡りさんが2人、きょう13日にも警視総監賞を受ける。じつは、DJポリスの反対側にも女性の「DJ」がいた。これで大いに効果があったというのだから、日本のサポーターはおとなしい。

こんなとこでも活躍してた広報担当お巡りさん

   雑踏警備の広報担当のお巡りさんの映像がたくさんあった。隅田川花火大会で立ち止まらないよう呼びかける警察官の声で、「いまや携帯電話もデジカメもすべて手ぶれ修正が入ってる時代です」とある。観客の爆笑が聞こえた。福岡の博多駅では、高い台の上からお巡りさんが「おはよう」「お疲れさまでした」などと声をかけている。鉄道警察隊なのだが、駅構内に立つようになって、周辺の交番の出動回数は3割減ったという。警視庁は「相手の側に立った広報だ」という。

僕は吃音症だった

   これが海外となると、ダンシング・コップ(米・ロードアイランド)だの、注意するはずの若者の音楽に加わってドラムをたたくカナダの騎馬警官とか、まあいろんなのがいる。

   司会の小倉智昭「受けもいいでしょうね」

笠井信輔「人が思っている自分のイメージより少しはみ出るところが魅力」

   岸本哲也レポーター「警視庁で聞くと、(DJポリスは)普段はあまり面白くないんだそうですが(笑い)」とあげたのが、「相手の気持ちを読みとってしゃべる」。つまり「聞き上手」なのではないかという。「何か工夫してることはありますか」と小倉と笠井信輔キャスターに聞く。小倉が意外な話をした。

「この仕事に就くきっかけは吃音症があって話下手だったからなんですよ。それを克服したのは、大勢の人の前で話すこつを覚えたからなんです」

   笠井「ボクは1対1の話は嫌なんです。相手の気持ちがわかるし。これが大勢だと自分のペースで話せる。その方が楽なんで、相手が多ければ多いほど楽しくなる」

   岸本も菊川怜キャスターも「はーあ」というばかリ。すると笠井が「人が思っている自分のイメージより、少しはみ出るところが魅力になるんです。はみ出すぎると引かれる。DJポリスもちょっと出てるところがいい。ホントのDJみたいに『みんな歩いてね』とやったらダメ」

   岸本「『とくダネ!』に来た頃、小倉さんから『紙に書くな』と怒られたことがありました。頭の中で作れと。だからきょうは何も持ってません」

   小倉「話すことって作文でしょ。それが鍛錬なのかも」

   菊川「それが難しい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中