「前田敦子」からのメールで有料サイトに誘導!アイドル騙って116億円荒稼ぎ

印刷

   菊川怜キャスター「大好きな芸能人から突然メールが来たらどうしますか」

   司会の小倉智昭「喜んじゃうよね」

   差出人は元AKB48の前田敦子。「握手会終了しました」という書き出しで、ちょっと悩んでいる風を書いていた。こうした手口で出会い系サイトに登録させて116億円以上を荒稼ぎしていた詐欺グループがきのう13日(2013年6月)逮捕された。

   出会い系サイト運営会社「ウイングネット」の役員ら男女9人で、被害者は約37万人、うち女性が31万人と圧倒的だという。

サクラの男性「1日40万通送ると半分返ってくる。700万円使わせたことある」

   芸能人を騙るメールについて若者に聞いてみると、「いっぱい来ますよ。優香の丸裸とか」「亀梨和也がどうとか、1日に20件くらい来るようになったときもある」などという。手口はなかなか巧妙だ。「聞いてもらいたい話がある」とか「人の目があるのでこの連絡先から」といって来る。埼玉の男性がひっかかった例はこうだ。

喜んじゃうよね

   見知らぬ女性からの連絡に応えると、「前田敦子が悩んでいるので相談に乗ってやって」という送信が来た。前田のマネージャーだといい、さらに上司と称する連絡があり、「謝礼は500万円払います」。男性は前田とのメール交換をはじめたが、気がついたら有料サイトが136万円になっていた。

   かつてサクラをやっていたという男性が手口を解説した。アイドルはスキャンダルが報じられると露出が減る。それに乗じて彼らがキャラクターを作って、「困ってる」とメールする。「1時間4万通だから1日に40万通とかいってたんじゃないかな。ボク1人じゃなくて、10人、20人のバイトが同じことをやってる」「返ってくるのは半分以上。そこでまた相談していいですかとやると、ポンポン返事がくる」

   タレントはブログをもっているから、それをチェックして同じような文章を書くのだという。1か月に40~50万円、3、4か月で700万円 を使わせた例もあるという。男性は「楽しんでるんだからウソだとばれなければいいんじゃないか。罪悪感なんかない。どこに感じればいいかわからない」と平然と話す。

大野智、松本潤、「EXILE」TAKAHIRO、向井理…なりすまし

   田中大貴アナ「110億円以上というと一大企業ですよね」

   利用されていた芸能人は、前田のほかに嵐の大野智、松本潤、EXILEの TAKAHIRO、俳優の向井理など。巧妙なのは、たとえば前田敦子は「握手会終了しました」と、ホントの握手会終了後に打ってくる。ジャニーズの亀梨和也の場合は、デビューシングルの「Real Face」をあげてくすぐる。福山雅治ではいま放送中の「ガリレオ」の内容に沿った文言で攻める。

   小倉「どこで金がからむの」

   田中「有料サイトを介してのメールのやり取りで、1回500円とか」

   小倉「でも、本人からメールがくるわけないじゃん」

   深澤真紀(コラムニスト)「よくできてるんですよ」

   ここで笠井信輔キャスターが「フジテレビは有料サイトを経由したセービスは一切行っておりません。私たちも迷惑しております」という。年寄りは振り込め詐欺、若者はアイドル詐欺か。金はあるんだね。不思議。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中