RAG FAIR加納孝政が引退「情熱と誇りを持って歌い続けた11年。新しい人生を歩む」

印刷

   アカペラボーカルグループ「RAG FAIR」の加納孝政(36)は「2012年をもってRagFairの活動から退くことになりました」と公式ホームページで6月17日(2013年)に発表した。「悩みましたが、2002年の加入以来、情熱と誇りを持って歌い続けた11年にピリオドを打ち、新しい人生を歩んでいくという決断をしました」という。

   「これからは『RagFair加納孝政』ではなく、一個人『加納孝政』として、ファンの皆様と同じ場所からRagFairを応援していきます」と語った。ミュージシャンとしての活動は引退する。

   メンバーの土屋礼央(36)は「これをピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかは僕ら次第。加納さんお互い頑張ろう」とツイート。加藤慶之(35)は「RAG FAIRというグループはまだまだ盛り上げて行きたい。頼れる男が抜けて、寄りかかっていたものがスコンと無くなった時に何が生まれるのか、何を生み出せるのか、そこには興味深いものがあります」とブログに書いた。

   RAG FAIRは1999年に結成。2002年には「恋のマイレージ」「Sheサイドストーリー」が初登場でオリコンランキング1、2位を独占するなど活躍し、紅白出場も果たした。一時、活動休止していたが、2012年12月に活動を再開したばかりだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中