2018年 7月 23日 (月)

原発全面的再稼働秒読み…高市発言でアドバルーン上げ規制委も新基準策定

印刷

   「原発事故で死んだ人は出てない」という高市早苗・自民党政調会長の発言や原子力規制委員会が決めた「新規制基準」について、玉川徹(テレビ朝日ディレクター)は「機械は基本的に壊れるモノだ。壊れるときに、取り返しの付かない災害、人災を引き起こすようなものであれば、使うべきじゃないと私は思う」という。

   しかし、安倍政権の成長戦略のために「安い」電力が求められている。そのためには、ひとたび想定外の事態が起きれば、国土が広く汚染され、半径数十キロが(数十年は?)封鎖され、数万人が住み処を離れざるをえなくなり、長期的な放射能被害や動植物やエコロジーも心配で、事故処理、賠償に膨大なカネがかかるが、正常運転中のコストだけは安い電源が現に全国にあるのだから、「最大限安全を確保した」と言った上でこれを「活用」し続ける。それが当面の方向のようである。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中