戸田恵子「内海賢二さんの死。雨が降っても、お日様が出ても、いちいち悲しい」

印刷

   6月13日(2013年)に亡くなった声優の内海賢二さん(75)について、「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)で共演した戸田恵子(55)が24日のブログで回想している。死去後初めての「アンパンマン」収録では「黙祷から始まったのですが、黙祷の間はみんな泣いてました」という。

   内海さんが「アンパンマン」の収録に来る時は、いつも戸田と鶴ひろみ(53)の間に座っていたといい「つい2ケ月前の4月の収録時もです」「元気にお喋りをして、みんなでランチにお蕎麦を食べに行って…。もうそれも叶わないのかと思うとね…」と突然の死を嘆く。

   戸田は内海さんの告別式(20日)で弔辞を読んだが、「ボロボロだった私の弔辞で語った以外のことも、次々色んなことが思い出されています」という。「まぁ今は何をするにも溜め息ばかりで、仕方ないですわ。雨が降っても、お日様が出ても、いちいち悲しい…」「湿ったブログで申し訳ない」と気を落としながらも、「当たり前だけど今日も頑張ります!」と気丈に語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中