2018年 7月 21日 (土)

「富士山」登るべきか眺めるべきか…きょう山開き!軽装・弾丸登山で押し寄せ

印刷

   ワイドショーが大衆に警鐘を鳴らす二大対象物といえば、パッと思いつくのは登山に自転車運転。もうちょっとほかに鳴らすべき大きなモノがありそうな気がしないでもないが、とにかく、この夏の警鐘はザ世界遺産の富士登山一色となりそうだ。

   富士山の山開き日のけさ1日(2013年7月)は、アウトドア派ベテランリポーターの井口成人が現地からナマ中継の大盤振る舞い。富士山を登りながら生き生きとVTRリポートしてくれたところによると、案の定、軽装、サンダルで登る人(外国人)、タウン系カジュアルで登る人(日本人)などが見つかった。

   もっとも、彼らは「行けるとこまで行こう」的な発想らしく、サンダル外国人は岩がちな7合目あたりになると断念して下りて行ったそうな。また、危ない無謀な「弾丸登山」の人も案の定、見つかったとのことである。

「近くで見ると美しくない。遠くから見たほうがいい」

   ところ変わってスタジオでは、富士山に登った者、登りたくない者、入り乱れての「富士山談義」。ジャーナリストの青木理は「ボクは登ったこともないし、登るつもりもない」「遠くから見て美しいものは、近くで見ると美しくない。遠くから見たほうがいい」と、典型的な「富士山は遠きにありて見るもの」的な論を展開した。

登ればいいことある

   すると、富士登山経験者の石原良純(タレント)が「何言ってるんですか! 行きましょうよ。登ったらイイことあるかもしれませんよ」と暑苦しく反論(?)していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中