<華麗なるギャツビー>
ディカプリオ「嘘と虚栄の悲しい後ろ姿」魅力!「金に飽かした夜ごとのパーティー」ギャツビーは何者か?

印刷
(C)2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
(C)2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

   第一次大戦直後の1920年代アメリカを舞台に、アメリカンドリームを成し遂げた謎の男ジェイ・ギャツビーの半生を描いたF・スコット・フィッツジェラルドの名作を、『ロミオ+ジュリエット』のバズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演コンビで映画した。豪華絢爛な衣装や音楽の演出が見どころだ。

   1920年代、中西部からニューヨークへとやってきた作家志望のニック(トビー・マグワイヤ)は、宮殿のような豪邸に暮らす男、ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)の隣に住み始めた。豪邸で毎週のように開かれるパーティーには多くのセレブが現れる。しかし、彼らの誰一人としてジェイ・ギャツビーという人物がどのようにして巨万の富を築いたのか知らなかった。

   「真実を話そう」とギャツビーはニックに自らの生い立ちを話し始める。裕福な家に生まれ、戦争では数々の勲章を得た英雄だという。両親が亡くなったいまは天涯孤独で、ドラッグストアの経営が成功して裕福に暮らしている。ニックはできすぎた話に胡散臭さを感じたが、ギャツビーからあることを頼まれる。近くの豪邸に暮らしているニックの従兄弟、デイジー(キャリー・マリガン)をお茶に誘って欲しいというのだ。次第に明らかになっていくデイジーとの過去は、ギャツビーの仮面を剥がしていく。

バズ・ラーマン監督の真骨頂!衣装、音楽…これでもかという豪華絢爛さ

   『華麗なるギャツビー』はこれまで4回映画化され、今回は3D作品になっている。監督はのバズ・ラーマンは、良くも悪くも豪華絢爛な演出が売りで、ギャツビー邸でのパーティーもこれでもかというくらいに派手に見せる。ただ、3Dの使い方が中途半端で、カットを割り過ぎているため、画面から飛び出してくる効果も奥行きを感じさせる効果も半減していた。

   バズ・ラーマンは音楽の使い方にも特徴がある。『ムーランルージュ』では1800年代終わりのパリが舞台なのにロックンロールを使い、この映画でもヒップホップを敢えて使っている。

   レナルド・ディカプリオのギャツビー役、キャリー・マリガンのデイジー役など配役には成功していて、比較的落ち着いたシーンの続くラストにかけての感情の揺れ動きは非常にうまく描いていた。今、この作品を映画化するとしたら、たしかにギャツビー役はディカプリオしかいない。「ディカプリオ、昔は良かった…」とお嘆きの方、彼の高笑とその切ない後姿を見逃していただきたくない。新たな魅力に気づくだろう。

野崎芳史

おススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中