埼玉・坂戸「刃物男」ナイフ持ってなかった!?木の枝振り回しただけ

印刷

   今度は埼玉県坂戸市で3人の児童が男に襲われた。きのう2日(2013年7月)、小学5年生の3人が学校近くの千代田公園で遊んでいると、男が近づき刃物を押し付けられたと学校に戻ってきた。男子児童が右腕、女子児童が左腕に軽い傷を負っている。

11日前に中学生が刃物押しつけられる事件あったが…

   今回の事件が起きる11日前の6月21日、テニスの練習から帰宅途中の中学1年生が男にナイフを押し付けられる事件があった。その中学生は「夕方の5時40分頃、反対側から歩いてきた男が背中に隠し持っていたナイフを突然押し付けて来ました。黒い上下のジャージを着て、黒っぽいマスクをしていました」と話す。

まだ不安

   大竹真リポーター「この時、中学生は傘とテニスラケットを持っていて、傘でナイフを振り払い、ラケットで男の背中を叩いたそうです。男は走って逃げました」

子供にからかわれて怒った?

   ただ、話はちょっと変わってきた。警察が被害にあった児童から詳しい話を聞くと、「男にからかうようなことを言って、それをキッカケに男は木の枝のような棒を振り回して、子供たちに襲いかかったようです。ナイフは持っていなかったと言っています」(大竹真リポーター)

   コメンテーターの宮崎哲弥(評論家)は「事件の様相がまったく変わってきましたが、真相が早い段階で分かったのは良かったと思いますね。ただ、中学1年生が襲われた事件は未解決なので、近隣は不安だと思います」

   練馬の切りつけ事件とは何か違うようにも見えるけれどなあ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中