<天魔さんがゆく>
堂本剛お久しぶりドラマ主演!お化けが怖い「幽霊退治会社」経営者のホラー&コント

印刷

   先祖代々、幽霊とコンタクトを取る能力がある法界天魔(堂本剛)はたいへんな怖がりなのに、実家をついで仕方なく幽霊退治会社「オバケー」を営んでいる。従業員は父・天童(佐藤二朗)の代からの大覚(皆川猿時)、新入社員の岡崎旭(川口春奈)らだ。そのオバケーに中学教師から依頼があって中学校に退治に出かけることになった。着いてみると、落ち武者や成仏できないたくさんの幽霊が待っていた…。

   堂本剛が「33分探偵」以来、約5年ぶりの連続ドラマ出演ということで話題性は高い。さらに、監督・脚本も「33分探偵」を手がけ、映画「コドモ警察」などのヒットメーカー福田雄一である。いやがうえにも期待は高まる。はたして、初回から想像していた以上に堂本・福田ワールドが炸裂した。

本編とまるで関係ない「反省会」まで流すゆるさ楽しい

   ドラマのジャンルとしてはホラーだが、トイレに潜む幽霊が謎のゆるキャラだったり、川口春奈の白目をむいて絶叫するアップシーンがあったりと、笑いの小ネタが随所に散りばめられていて、半分コントのようである。

   ドラマの後には堂本剛と佐藤二朗の反省会があって、ドラマとは関係ない会話とギャグの応酬も用意されている。あれ、そういえばこの感じ、昔もどこかで見たような…。そう、堂本剛が企画・出演の伝説のバラエティ番組「正直しんどい」(テレビ朝日系)の手法であった。

   好きか嫌いか分かれるところだろうが、そもそも月曜のド深夜枠で、スタッフも「視聴率を気にせず、のびのびと好きなものを作ってるんで、好きな人は見てください」というスタンスなのかもしれません。そう考えれば、トンでる内容も納得できる。1度は見ておくべき今期注目のドラマであることは間違いない。(TBS系 7月15日深夜0時28分  ※地域によって放送時間はさまざま)

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中