カーリー・レイ・ジェプセン始球式で大暴投!1メートル外してカメラマンバッグにスポッ

印刷

   有名人が野球の始球式に登場というのはそう珍しくもない光景だが、ふたつの始球式が立て続けにYouTube(ユーチューブ)で大きな話題となった。ひとつは7月14日(2013年)、MLBのタンパベイ・レイズの試合で始球式を行ったカーリー・レイ・ジェプセンhttp://www.youtube.com/watch?v=AgwAywJlo1M。「コール・ミー・メイビー」の大ヒットで知られる人気歌手が投げたボールは、マウンドから1メートルほどのところに叩きつけられて転々。ホームプレートから離れて撮影するカメラマンの足元のバッグにストライクとなってしまった。

   これまで米国では、2009年のババ・ブーイによる投球http://www.youtube.com/watch?v=wfLIyT8HExYが「最悪の始球式」のチャンピオンの栄誉に輝いているそうだが、それに匹敵する投球との評価を得た。

   もっとも、彼女は練習ではストライクを連発していたとのこと。過去の始球式でもきちんとした投球を披露したそうで、このたびは不運なことに突然の不調に見舞われてしまったようだ。

韓国では新体操選手「1回転投法」で見事ストライク

   一方、アクロバティックな投法で観客とユーチューブを沸かせたhttp://www.youtube.com/watch?v=RVeo6QMcbW4 のは、元韓国代表の新体操選手で北京オリンピックにも出場した経験を持つ申秀智(シン・スジ)。韓国プロ野球の始球式で、新体操さながらに、右足を軸にして縦に一回転してから投じた。投げた球も力強く、高めであったが捕手まで届いている。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中