2018年 7月 22日 (日)

「ゲリラ雷雨」去年の3・5倍!これから8月上旬ピーク…一転かき曇り10分後には土砂降り

印刷

   おととい23日(2013年7月)午後、関東地方を襲った突然の雷雨は世田谷や目黒で1時間に100ミリの雨を降らせ、落雷で東急東横線が30分~3時間止まった。

   山田大樹アナ「この局地的大雨は去年は40回程度でしたが、今年の予測では東日本は250回以上と激増しています。全国平均でも去年の3・5倍と予想されています」

   井ノ原快彦キャスター「なぜこんなに大雨が降るんですか」

   気象予報会社「ウエザーニュース」の気象予報士の喜田勝氏が解説した。

太平洋高気圧の張り出し弱い!日本列島に次々湿った空気

   喜田氏はゲリラ雷雨の多発をこう説明する。「例年は太平洋の高気圧に列島はすっぽり覆われるのですが、今年は張り出しが弱く、太平洋上にあって、縁が日本列島にかかるぐらいです。そのため湿った空気が日本列島に流れ込みやすくなっているのです。この湿った空気が大雨を降らせています」

   この大雨がゲリラたるゆえんは、まったく雨雲がなかったところに突然発生して、10分後には土砂降りになるからだ。空を見上げて雨雲がなくても、直後に滝のような雨が降ってくる。都心部では排水が間に合わず、道路が次々に冠水して激流になる。

冠水した道路歩くな!ふた外れたマンホールに吸い込まれる危険

   「冠水した道路を歩くのは危険です。濁って足元は見えません。窪みや側溝の段差で足を取られての転倒事故もありますし、マンホールの蓋が外れて中に落ちることもあります。ゲリラ雷雨は急に降ってきますが、短時間で、水が引くのも早いですから、焦らず待っているようにしてください」(喜田勝氏)

   このゲリラ雷雨はこれからがピークだ。喜田氏は「太平洋高気圧がさら弱まる予想なので、7月末から8月上旬に多発すると考えてください」と警告する。

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中