ネットおバカ写真に群がるおバカ炎上「ノリですよ」に「いますぐ死ね」

印刷

   バカな店員がアイスクリームのショーケースに入り込んだ写真をネットに載せ、店が閉店に追い込まれたのは記憶に新しい。しかし、この手のおバカ写真はいっこうになくならない。レポーターの森本さやかが「こんな写真を載せちゃうんですね」とあきれたのは、海辺の高い崖の上から立ち小便する2人の男だ。深夜のアメ横でパンツ1枚になった男、テーマパークの立ち入り禁止区域で逆立ちしたり、電車の網棚に横たわるスーツの男…。

電車の網棚男は大手企業の20歳「目立ちたがり屋な性格なんで…」

   「とくダネ!」は網棚男を直撃した。すると「ノリですよね。それに尽きる。共感してほしかったんです」「あ、オレもやりてえみたいな。目立ちたがり屋な性格もあるんで」という。大手企業勤務の20代。当然ながら、「バカヤロー、何やってんだというのが多々あった」という。もんじゃ焼きを6人前いっぺんに焼いた写真には、面識のない人から「なんでこういうことするの」と書き込みがあったという。「怖い」「びっくりした」と。そこであらためて驚いたとか。いまどき地球の裏側からだって見ているのだ。

匿名なのにわかるの?

   こうして炎上したケースのまとめまであった。書き込みは過激だ。「いますぐ死ね」「人間のゴミ」「地獄に堕ちろ」「社会から消えろ」と激しいバッシングである。自分が不利益を被ったわけでもないのに、敵意むき出しだ。

   しかし、ネットは投稿者の思惑を簡単に飛び出す。不謹慎な写真を閲覧された男性は、名前、住所、電話番号、顔写真から職場までがさらされた。匿名の電話で「会社辞めろ」とやられ、ついには職を失ったり、自殺未遂に至るケースもある。

「知り合いが炎上」7人に1 人。「自分が炎上」12人に1人。「炎上に参加」2人に1人

   そうしたバッシングをした30代の会社員は、「こいついじめてやるかと」「人物の特定が始まったら面白い」「とにかくもう攻撃してやろうという気持ち」という。普段は温厚だがネットを前にすると豹変する。

「殺すぞなど、仕事では使わない言葉を連発する。他の自分が出てくる。相手のことなんか全然考えない」

   彼は3時間没頭して書き込みは300 を超えていた。「終わったら、体中がスカッとして気持ちいい。仕事のストレス発散の場です」

   司会の小倉智昭「いまテレビ見ている人も、何を考えてるのだろうと思ってるでしょうね」

   森本は「バッシングする方は常にネタを探している」のだという。捉まえると、過去の投稿までさらって穴を見つけて食らいつくらしい。

   面白いアンケート(トレンド総研)があった。SNSを使っている20~30代の男女300人に聞いたところ、「知り合いが炎上」は7人に1 人、「自分が炎上」は12人に1人、そして「炎上に参加」は2人に1人だった。自分がそうなるかもしれないが、どんどん参加はしていると。

   森本「いまは変なことを書くとすぐに反応があります」

   小倉「みんな匿名でしょう。なんでわかるの?」

   森本「アカウントというネット上の名前をいろんなところで使っているとわかる」「とくダネ!」が見つけ出した男たちもそうやって特定されたわけだ。

   小倉「私なんかSNS使ってなくても炎上してますから」(笑い)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中