格安航空1年…乗客増加だけでは越えられない壁「もっともっと経費削れ!」

印刷

   国内の格安航空会社(LCC)が相次いで就航してから1年になる。航空機を長距離バスのように運行することを目指しているLCCは、これまでよりも3~7割ほど安い運賃を設定している。国谷裕子キャスターは「LCCの登場でこれまで飛行機を利用しなかった人たちの需要を掘り起こし、新たな人の流れを生み出しました。しかし、同時に経費を安く抑え運航するという限界も見えてきました」と説明した。

パイロットやキャビンアテンダントも機内清掃

   「クローズアップ現代」は沖縄日帰り旅行を楽しむ関西在住の若い女性の2人組に密着した。出発は関西国際空港のLCC専用ターミナルで午前5時半。那覇空港到着後、彼女たちは車と船を乗り継いで目的地の無人島にたどり着いた。透明度の高い海のシュノーケリングに歓声を上げる。「今まで沖縄は遠いところと思っていました。遊びに行きたくても飛行機代が高く、私たちには縁遠い場所だと思っていました。でも、LCCができたおかげで、飛行機代も半分以下になり、いつでも遊びに来ることができる身近な存在になりました」と話す。

国谷「LCC各社はいかに経費を安く抑えるか、さまざまな知恵を絞っています1度のフライトで多くの乗客を運ぶため、座席の間隔を狭めて座席数を増加したり、機内サービスはすべて有料としています」

   機内搭乗案内の手法も変えた。これまでは後部座席の乗客から案内していたが、LCCは窓側の乗客から案内する。通路側の乗客が先に座っていると、窓側の乗客が来た時に立ったり座ったりしなくてはならず、通路が混乱する。機内清掃も地上の清掃スタッフだけでなく、パイロットやキャビンアテンダントも協力する。目的地に到着し、戻りの便の離陸まで30分しかないからだ。

LCCの採算率は搭乗率8割。地方空港に観光客送りこめ

   国谷「LCCの採算ラインは乗客率8割といわれています。昨年、運んだ乗客は150万人でしたが、この採算ラインには達していません」という。アジア最大のLCCであるエアアジアと全日空が作ったエアアジア・ジャパンは、安さを最大限に追求するエアアジアのやり方が細やかなサービスを求める日本人に合わず、思うような成果が出せず合併を解消した。

   戸崎肇・早稲田大学教授は「LCCの利用者はまだまだ伸びます。LCCの登場によって、これまでのヘビーユーザーの大手航空会社利用から、LCCへの利用へと移りつつあります。LCCでビジネスと観光の相乗効果が生み出されるでしょう」と話す。国谷は「LCCの航空運賃が安くても、きめ細かなサービスに応えようとするとコストアップに繋がるのでは」と聞く。戸崎教授は「LCCのサービスの向上が必ずしもコストアップにはなりません。日本は観光立国を目指していますが、これまで地方の空港は独占的でした。海外から地方空港に飛んできた観光客にどう対応するのか。飛行機会社には空港使用料の値下げや、観光客の入国手続き簡素化などオールジャパンで考える必要があります」という。

ナオジン

NHKクローズアップ現代(2013年月日放送「『格安』は日本の空を変えるか」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中