スザンヌ、夫・斉藤和巳いたわり「わがまま言えば、彼の野球してる姿一度見てみたかったな」

印刷

   タレントのスザンヌ(26)はソフトバック・ホークスの投手で夫・斉藤和巳(35)の現役引退について、「一生懸命頑張って頑張って、辿り着いた決断だったんだと思います」と7月29日(2013年)のブログに書いた。

   斉藤は2008年の肩の手術以来、実戦登板がなくリハビリを続けていたが、「きっとすごく辛かったと思う日々を、弱音をはかず毎日頑張っている姿を近くで見て、尊敬するばかりでした」と振り返る。

   2人が出会ったのは2009年ごろで、「わがままを言えばわたしは彼の野球してる姿を見たことがなかったので一度は見てみたかったな~」と書いたが、「でもほんとに今はお疲れ様の気持ちでいっぱいです!たくさんの頑張りかたを見せてくれたことに感謝です」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中