韓国版「家政婦のミタ」主演はチェ・ジウ「いままでと違う自分を見せます」

印刷

   韓国SBSテレビは日本でヒットした日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」の韓国版を放送すると発表した。主演はチェ・ジウで、「家政婦のミタの大ファンだったので快諾しました。これまでに見せたことのない新たな演技を見せる挑戦になります」と語っている。

   「家政婦のミタ」は松嶋菜々子が無表情な家政婦を演じて話題となり、最終回は視聴率40%を記録した。チェ・ジウを起用したことについて、エグゼクティブプロデューサーは「松嶋さんのミタのイメージとジウさんが似ているから」としている。韓国版のタイトルは「あやしい家政婦」で9月23日からの放送。日本でもぜひ見たいなあ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中