2018年 7月 18日 (水)

「ワンダイレクション」からかい特集記事で抗議・脅しツイッター殺到

印刷

   英国出身の人気ボーイズバンド「ワンダイレクション」の特集記事を掲載したメンズファッション誌「GQ」が、過激で有名な1Dファンから集中攻撃を受けて、大変なことになっている。というより、この騒動を狙っていたようで、GQのツイッターアカウントに寄せられたファンからの怒りメッセージをオンラインで発表するなど、ウハウハのようだ。

「バイセクシャルの噂は本当?」「グルーピーと遊び放題」遠慮ない質問次々

   ファンが怒っているのは、遠慮のない質問だ。たとえば、一番人気のハリー・スタイルズには、「バイセクシャルとの噂があるけれどどうなのか」「ハリーが仲良くしているDJ(男)が、実は友人ではなく恋人なのではないか」とぶつけ、もちろんハリーは「僕がバイセクシャル? そんなわけないじゃない」と否定している。他のメンバーにも、「ツアー先などでは寄ってくるグルーピーらと遊び放題なのでは?」と聞いたりしている。

   全体的に1Dのイメージが損なわれるような内容ではないのだが、ファンには失礼な質問のオンパレードと軽薄な扱いが許せないようで、ツイッターなどには「GQの本社を爆破してやる。1Dファンを怒らせたらただでは済まない。こん畜生!」「FOOK GQ クラミジアにでもかかって死んでしまえ」などの脅しツイートが続々と届いている。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中