2018年 7月 23日 (月)

中島知子がブログで「洗脳狂想曲」 記者からの「気持ち悪い感じ」の指摘を暴露

印刷

   元オセロの中島知子が、「どたばた洗脳狂想曲?!」と題したブログを8月9日(2013年)に更新した。

    洗脳という言葉を使えば「売上も視聴率もあがる」と、記者から面と向かって言われることが時々あるそうだ。

    「(家族問題を話題にするより)中島さんも同情されて得ですよ」とも言われることに、「いや、損とか得とかじゃなく、なんかその考え方が気持ち悪い感じで嫌どすえ」と皮肉っている。「記者さんの中には、まともな方がほとんど」ともフォローしている。

    ただ、自身でも「洗脳」効果に関心があるのか、「というわけで、わざと自分も洗脳という言葉を使ってみました」と明かし、「ブログの読者数は果たして増えるもんなんやろか?」と気にしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中