中島知子がブログで「洗脳狂想曲」 記者からの「気持ち悪い感じ」の指摘を暴露

印刷

   元オセロの中島知子が、「どたばた洗脳狂想曲?!」と題したブログを8月9日(2013年)に更新した。

    洗脳という言葉を使えば「売上も視聴率もあがる」と、記者から面と向かって言われることが時々あるそうだ。

    「(家族問題を話題にするより)中島さんも同情されて得ですよ」とも言われることに、「いや、損とか得とかじゃなく、なんかその考え方が気持ち悪い感じで嫌どすえ」と皮肉っている。「記者さんの中には、まともな方がほとんど」ともフォローしている。

    ただ、自身でも「洗脳」効果に関心があるのか、「というわけで、わざと自分も洗脳という言葉を使ってみました」と明かし、「ブログの読者数は果たして増えるもんなんやろか?」と気にしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中