福士加代子「世界陸上」女子マラソン初挑戦の銅メダル!秘密は『ひじき』だった

印刷

   福士加代子選手は世界選手権に5大会連続で出場しているが、女子マラソンで出るのはいまモスクワ開かれている世界選手権出場が初めてだった。初挑戦で銅メダル…。スタートこそ一番後ろだったが、競技場を出てからはスルスルと前に上がり、33キロを過ぎた地点で3位の選手に追い抜きそのままゴールした。

   「金メダルだと思っていた。メダルの色が少し変わってしまった」と軽口をたたいた。

直前の高地合宿にも持参してビタミン・ミネラル補給

   福士が陸上競技を始めたのは高校に入ってからだった。恩師で陸上競技部顧問だった安田昭信氏は当時の福士をこう話す。「大会などで負けると、悔しくてメソメソ泣いている子でした。そこで『負けたことに負けるな』と励ましました。以来、メソメソすることがなくなり、なぜ自分が負けたのかを冷静に考えられる選手になりました」

夏休みしてます

   司会のみのもんたは夏休み中で、代役の井上貴博アナがモスクワにいる世界選手権パリ大会の女子マラソン3位の千葉真子に「福士選手の強みはどこでしょう」と聞く。千葉はヒジキと書いたフリップボードを示し、「長距離ランナーは練習やレースでビタミンやミネラルなどが流出し体力が低下します。福士選手は大会直前にスイス行われた標高2200メートルの高地合宿からひじきを持ち込み、失われた栄養分を補うようにしていました」と解説した。

   勝っても負けても、レース後のおどけた福士がまた魅力的なんだよなあ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中