森田健作しっかり守れよ!千葉ニュータウン「奇跡の原っぱ」絶滅危惧種136種が生息

印刷

   千葉県北部のニュータウンに「奇跡の原っぱ」があるという。ホンドギツネなど絶滅危惧種136種が生息する。ホントかよと思う。大竹真 のリポートがなかなか面白かった。

   印西市など3市にまたがる千葉ニュータウンは、東京から成田空港を結ぶ北総線の印西牧の原駅の周辺にある。1969年から開発が始まり、1900ヘクタールのうち8割の工事が終わっている。高層から戸建てまでの住宅街に、付随して大型商業施設や公園も整備され、都心までは1時間、住み良さランキングで2年連続1位(東洋経済)という土地だ。

ホンドギツネなど貴重な動植物…県企業庁と都市再生機構が開発計画

   問題はこれから開発する50ヘクタール、東京ドーム11個分の原っぱで、これが「奇跡の原っぱ」と呼ばれる。なぜ奇跡かというと、土地を造成したあと40年間も工事が行われなかったために自然が適度に再生され、他の区域の開発で追われた動植物がここに集約されて新たな生態系をつくったのだった。

知事なに考えてんだろうね

   日本自然保護協会によると、オキナグサという植物(千葉ではもうここだけ?)とか、ジャノメチョウ、ホンドギツネ、さらには貴重なトンボ類、花、チョウ、水鳥など、名前を公表できない(採りにくるバカがいるから)ものも含めて、環境省指定の絶滅危惧種が27、千葉県指定109種あるという。「関東でまさかこんな景色に出合えるなんて」という原っぱなのだ。

   ホンドギツネは2年前に撮影された写真があり、現地を案内してくれた「亀成川を愛する会」の小山尚子さんによると、千葉県ではほ乳類の中でトップの絶滅危惧種だという。大竹が「いるんですか」と驚く。印西近辺では昔から生息していて、地元の民話にもでてくる。

   小山さんは「壊したら元に戻るのに時間がかかる」といったが、いや絶対に元には戻らない。ここが造成計画の結果できた新たな自然というのも何とも皮肉だ。まあ、あまり聞いたことのない自然の妙というか…。

寄付集めて千葉の「トトロの森」にできないか

   これを何とか残そうという市民グループは、環境保護と工事中止を求めて署名活動で8000筆を集めた。これに対して、開発者の県企業庁と都市再生機構は計画当初から「市街化区域」となっているという見解だ。しかし、原っぱの一部を緑地として残すという計画変更も行った。市民グループは全部を残せと主張する。

   専門家は手はいろいろあるという。住宅開発地の間に舗装しない道を残すとか、市民が寄付を集めて土地を買い取る「ナショナルトラスト方式」もあり得るという。狭山丘陵のトトロの森が有名だ。

   司会の加藤浩次「人間がやったことでできたというのが皮肉ですよね」

   宮崎哲哉(評論家)「なんとか共存の道を探る必要がありますよ」

   キャスターのテリー伊藤「この原っぱに人が住んでも3万人か4万人でしょ。このまま残した方がいいんじゃないかな」

   大竹「千葉ニュータウン全体で4万人です」

   テリー「だったらもっと少ないんだ。東京の明治神宮とか新宿御苑、代々木公園だって残したのは明治、大正時代。いまそれがステータスでしょ。お台場も汐留も結局はこういう街づくりになっちゃう。人間が作った緑ってたかが知れてる。こういうのを残さなかったら、日本人がダメになる。森田健作、なに考えてんだろうね、まったく」

   とうとう出たか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中