2024年 2月 24日 (土)

福知山・花火大会の屋台プロパン爆発!「熱い、熱い」泣き叫ぶ子供

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   きのう15日(2013年8月)午後7時半ころ、京都・福知山市の由良川河川敷で行われる予定だった花火大会の直前、屋台から火の手があがってプロパンガスに引火、爆発した。59人が病院に搬送され、重傷19人を出した。花火大会は中止になった。

発電機のガソリン給油で引火

   一夜明けた現場は、緑豊かな山懐を清流が静かに流れるのどかな光景だ。ただ、爆発のあった一帯は、黒こげの屋台と花火の客が残したブルーシート、ペットボトル、クーラーボックス、乳母車などが散乱している。現場保存の警察官の姿が緊張感を漂わせている。

   リポーターの阿部祐二はどうやら最終の新幹線ででも飛んで来たらしい。午前1時半には現場にいて聞き回っていた。どうせ取材はとっくに現地の記者がが済ませているのだが、「スッキリ!!」は現場にいることがなにより重要なのだ。暑い中ごくろうさまなことだ。

   目撃者の男性は「発電機のガソリンが切れて、屋台のお兄ちゃんが入れようとしたが、ガス抜きせずにふたを開けたため、温まってガス化したガソリンが吹き出し引火した」という。どうやらこれが原因らしい。その結果、5人が重度のやけどをおった。

   別の目撃者は、子ども2、3人が火だるまになって「熱い、熱い」と泣き叫び、親が自分もやけどをしながら氷で冷やしていたという。子どもたちはむき出しのところは皮膚がめくれていたという。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中