2018年 7月 23日 (月)

中国「猛暑と大干ばつ」冷房効いた地下鉄駅で寝っ転がったり、汚染河川の水飲んだり…

印刷

   「中国、ホント大変みたいですね」と他人事のように司会の小倉智昭が言う。日本は暑くて水不足だが、お隣中国も酷暑で、50年に1度級の大干ばつが起きているそうだ。そのため、冷房の効いた家具店や地下鉄駅の中で寝っ転がって涼む人たちがいたり、人工降雨ロケットを発射しろと役場に押し寄せる人たちがいたり、鉱業企業による汚染された川の水を飲む人もいるそうである。

野菜生産打撃で日本の食卓にも影響

   この干ばつで中国では1300万人もの人の飲み水確保ができなくなっているそうだが、さても問題、心配事はいつもどおり、中国によって日本が被るかもしれない被害である。

   「中国の干ばつで、飲料用水、生活用水への影響もあるだろうが、一番心配なのは農作物。ロシアでかんばつが起きたときは、世界中の穀物の値段が上がり、それをエサにする肉や乳製品などの値段も上がって、日本にも影響が出ました。野菜にも中国産があるので、この干ばつが日本の食べ物の値段に影響してくるのもちょっと心配ですね」(竹田圭吾・国際ジャーナリスト)

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中