宇多田ヒカル「ラジオ番組で放送禁止曲をかけた。そのまま放送してくれて感謝」

印刷

   宇多田ヒカル(30)が東京のFMラジオ局「InterFM」に8月21日(2013年)にツイッターで感謝している。宇多田の番組「KUMA POWER HOUR」で、「英語の放送禁止用語」を連呼する曲が流されたが、「そのまま放送することを決断してくれたInterFMの皆さんに感謝しております」という。

   20日朝に「そのまま放送していいのか審議がなされたそうです」と期待する発言をしたため、「局に問い合わせが殺到したらしく、申し訳ないことした」と話していた。

   番組は宇多田の自宅で収録され、自らが選曲、録音、編集までを手掛けている。20日の放送では「インディーズ特集」と題し、1曲目に審議対象となった「I Don’t Give a Fxxk」がかかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中