フジ「ピカルの定理」ゴールデン進出失敗!視聴率低迷で半年打ち切り

印刷

   フジテレビ系バラエティー番組「ピカルの定理」(水曜よる7時57分)が9月4日(2013年)で終了することが明らかになった。「ピカル」は最近ではお笑いコンビ「ピース」「平成ノブシコブシ」や渡辺直美が出演し、コントをやったり、ゲストとトークをしたりと数多くのコーナーがある。

   2010年のスタート時は火曜深夜0時45分からの放送だったが、2011年には土曜よる11時10分、2012年には水曜よる10時と「出世」してきて、今年(2013年)4月からはついにゴールデンタイムの水曜よる7時57分からの放送となった。しかし、これといった強力なライバル番組があるわけでもないのに視聴率は低迷し、最近は1ケタ台の真ん中あたりをウロチョロしていた。

   後継番組は雨上がり決死隊がMCの「世界は行ってみたらホントはこんなトコだった!?」の予定だ。実はこの番組も深夜11時台に放送していたのをゴールデタイムに進出させ、「ピカル」になる前に放送したいたいわば「出戻り」だ。フジテレビはよほど企画に困っているのかな。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中