引退表明のヤクルト・宮本「ここが引くとき。残りのゲーム精いっぱい頑張ります!」

印刷

   引退を表明した東京ヤクルトスワローズの宮本慎也選手(42)が8月26日(2013年)にブログでも心境を語っている。「今日、会見をさせて頂きました。思いは会見でした通りです」と話している。

   宮本は1994年の入団から、19年にわたって「ヤクルト一筋」だった。最近は代打としての登板が増えていて、「スタメンで出れなくなった以上、ここが引く時かと…」と理由を語る。

   まだシーズン中のため「残りのゲーム精一杯頑張ります!!」といい、「CS(編注:クライマックスシリーズ)可能性ある限り、皆で力合わせ頑張ります」「残りのゲーム、僕の姿を球場に観に来て下さい!」と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中