ちばてつや「『ゲン』の閉架、『風立ちぬ』のタバコ批判。表現規制に不気味な気配感じる」

印刷

   「あしたのジョー」などで知られる漫画家・ちばてつや(74)が漫画の表現規制が厳しくなっていると、8月26日(2013年)にブログで嘆いた。「何とも不気味な気配を感じているのは私だけでしょうか」と問いかけている。

   例として島根・松江市内の小中学校で「はだしのゲン」に閲覧制限がかけられた(26日に撤回)問題や、映画「風立ちぬ」での喫煙描写をNPO法人「日本禁煙学会」が批判した問題を挙げ、今後も表現規制がエスカレートする可能性をほのめかす。

   ちばは現在、日本漫画家協会の理事長を務めている。「我々、漫画家たちも意見はまちまち」だそうだが、会員の考えをまとめた意見書「本当に守るべきもの」をつくり、協会公式サイトに載せているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中