大友良英「あまちゃん『地元に帰ろう』。GMTの歌全然うまくないです」

印刷

   作曲家の大友良英(54)がドラマ「あまちゃん」(NHK)劇中歌「地元に帰ろう」の制作秘話を9月4日(2013年)にブログで語った。この曲で大友の作曲部分は少なく、ほとんどをSachiko Mが作ったという。

   実際に歌った「GMT」を演じる6人について「正直、みんな全然歌うまくないです。でも、このまんまがいいと思いました」と話す。脚本の宮藤官九郎らの希望もあり、音程修正に頼らず「なるべく歌ったまんま」にしたそうだ。

   通常のレコーディングでは音程に手を加えることが多いようで、「こんなポップス、普通だったらないかもしれません」というが、「わたしもこれがいいと思いました。これなら好きになれるなって思いました」と素朴さを評価している。

   ここでの「地元」とは「必ずしも故郷や出身地とイコールじゃない」といい、主人公・アキが北三陸に居たのが1年ちょっとだったこともあり、出身地は決められないが「『地元』は自分で決めていい。アキちゃんはそれを教えてくれてるんだと思います」と語る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中