増加中!「秋の花粉症」ヨモギ・ブタクサで「くしゃみ」「鼻水」「目の痒み」

印刷

   花粉症は春だけじゃない。秋はスギやヒノキの花粉は飛ばないが、ヨモギやブタクサの花粉症が起こる。症状は春と同じで、「くしゃみ」「鼻水」「目の痒み」で、年々増えているという。この花粉症が引き金になって「口腔アレルギー症候群」になる人も増えている。特定の果物や野菜を食べると息苦しくなったり、重症だと呼吸困難になったりする。

花粉症が引き金になって起こる口腔アレルギー症候群―野菜や果物で呼吸困難

   兵庫県在住の宮本寿美さん(60歳)は20年間アレルギーの薬を飲み続けている。味噌汁に薬味のネギの刻みは入れない。生のきゅうりや果物が食べられない。48歳の時、サラダのトマト食べて息苦しくなったためだ。その1年後、すいかを2口食べて10分後に吐き気と息が詰まる症状に襲われた。その後わずかな量の大根おろしの付け合せで発作を起こし、救急車で搬送され5日入院した。

   兵庫県立加古川医療センターの足立厚子医師が血液検査した。「カモガヤ(イネ科の植物)の花粉症から来る口腔アレルギー症候群でした。花粉症の重症度が高い人ほど口腔アレルギー症候群の頻度も高いんです」

   なぜなのか。花粉の中のタンパク質とトマト、すいか、きゅうりのタンパク質が似ているためだ。症状は鼻水、クシャミ、呼吸困難以外に、顏が腫れる、じんましんが出る、唇が膨れ上がるなどある。

秋の花粉症なら「にんじん」「セロリ」「メロン」「スパイス類」注意

   それぞれの花粉症と口腔アレルギー症候群を起こす果物、野菜との関連性ははっきりしている。秋のヨモギやブタクサの花粉症は、にんじん、セロリ、スパイス類、メロンなど。パンの木やシラカバの花粉症はりんご、もも、なし、さくらんぼ。カモガヤの花粉症はメロン、すいか、トマトなど。春のスギやヒノキの花粉症はトマトで口腔アレルギーを発症する。

   アレルギー源を調べる「クリックテスト」は総合病院のアレルギー科で受けられる。保険適用で時間も15分ほど。アレルギーがあると思われる野菜や果物を持参し、果物などの表面に針を刺し、その針を患者の腕に刺して腫れ具合を見る。

   どの食物でアレルギーを起こすかがわかったら、まず食べない事。どうしても食べたい時には、加熱や加工することでかなり抑えられる。また、抗アレルギー薬を飲めば症状は出にくくなる。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中