トルコ女二人旅は無謀?出発前に『不安』ツイッターしてた死亡女子学生

印刷

   トルコのカッパドキアで新潟大学の女子大学生2人が死傷した事件で、けさ11日(2013年9月)は容疑者が拘束されたとの情報が伝えられた。しかし、情報は少なく、被害者のパーソナルヒストリーのほうにより多くの時間が割かれた。それによれば、2人は大学の親友の間柄で、若者の海外離れが叫ばれるなか、大学の国際交流事業に参加して訪中していたほか、中国の大学に留学、あるいはベトナム企業でインターン経験をするなど国際経験豊富だったという。

「今回はツアーじゃないから…」

   亡くなった女性は、旅行出発前のツイッターで今回のトルコ旅行が「ツアー(旅行)じゃない」ことに不安を書いていたという。司会の小倉智昭が「二人でプランを立てて、観光客があまり行かないところを歩いて、今回犠牲になったのかもわからない」と言えば、コメンテイターからは「無謀」な旅行だった可能性を指摘するものもあった。

二人でプラン

   「今回、女性が二人で観光地に自分でスケジュールを立てていくというのが、ちょっと無謀だったかな、と」(海外事情に詳しい作家・投資家の山本一郎)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中