バレンティン予告「56号きょう12日に打つ」東京五輪と同じ49年ぶりのホームラン新記録

印刷

   あんなに軽々とスタンドに運べるものだろうか。きのう11日(2013年9月)、ヤクルトのウラディミール・バレンティンが広島戦で55号目の本塁打を放ち、1964年の王貞治(巨人、現ソフトバンク球団会長)、2001年のタフィ・ローズ(近鉄)、翌年のアレックス・カブレラ(西武)の3人が持つ年間本塁打記録に並んだ。1985年にはランディ・バース(阪神)があと1本に迫っている。これまでは、外国人選手に王の記録を破らせたくないという心理も働き、敬遠や厳しい攻めにさらされ、いずれももう一歩のところで記録達成を阻まれてきた。今回はそうした動きは見られず、きょう12日にも56号が誕生しそうな勢いだ。

期待されていなかった長打力…本塁打量産にヤクルトびっくり

   きのうの本塁打は外角低めの難しい球をすくい上げ、打ち終わった後右手を離したが、高々と上がった打球はヤクルトファンが陣取る右翼スタンドに飛び込んだ。インタビューでは「神宮球場で打てて、これ以上うれしいことはない。でも、56本目の方が特別な1本になるよ」と答えていた。並ばれた王は「大したもんだ。見事。パワーだけではホームランは打てない。どこまでいくか、楽しみにも見守りましょう」と話している。まだ22試合残っている。新記録達成となれば東京五輪の年以来49年ぶりだ。

tv183642_pho01.jpg

   けさの朝日新聞スポーツ面によれば、ヤクルトがバレンティンを獲得したのは長打力ではなく、肩の強さと右方向にも打てる状況に応じたバッティングだった。これほど本塁打を量産するとは思っていなかったらしい。

パワーの秘密「醤油とんこつラーメン大盛り+チャーシュー」

   スポーツに詳しいコメンテーターの小松成美(ノンフィクション作家)は「バレンティン選手は、配球をものすごく勉強して研究したんですね。前は外側のスライダーとか、結構、空振りしていましたが、いまは空振りしないんですよ。もう死角がない。素晴らしいです」

   高畑百合子アナウンサー「多分、きょう12日にも達成するんじゃないかと、きのうバレンティン選手が自分でいっていました」

   北川正恭(早稲田大学大学院教授)「これは飛ばないボールを打って進化した結果でしょう」

   バレンティンの話題は「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーでも取り上げ、スポーツ報知の「バレ55号の源だ 醤油とんこつラーメン大盛り+チャーシュー」という記事を紹介した。バレンティンは神宮球場の近くのラーメン店の常連で、必ず頼むのがそのメニューだそうだ。店では醤油とんこつは650円だが、550円にすることを検討しているという。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中